いざ中学受験

ところで学校にはどんな種類があるのでしょうか。その特徴について考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

男子校について

首都圏における男子校の数は56校(平成18年3月)、女子校が129校ですのでかなり少なく感じます。共学校が100校ですのでそれを足しても首都圏で男子生徒が通える私立中学は155校程度ということになります。

 
男子校の御三家といえば、開成中学校、麻布中学校、武蔵中学校、最近は新御三家として開成中学校、麻布中学校、駒場東邦中学校などと言われています。さすがに御三家と呼ばれるだけあって東大への合格実績も高く、入学試験も超難関です。

 
近年では中学受験熱の高まりのせいか、御三家のみならず私立中学全体のレベルアップも目につきます。御三家までとはいかなくとも難関校を受験する男子生徒の数は増加傾向にあり、学校の絶対数が少ないことを考えると男子生徒には厳しい状況といえそうです。

 
異性の目が気になる共学校に比べ気楽で楽しいという体験談も多い男子校。勉強にもスポーツにもしっかりと取り組んでいる学校が多いのも魅力の一つでしょう。

 

女子校について

 

首都圏における女子校の数は129校(平成18年3月時点)、男子校に比べるとかなり倍以上の数ですし、共学校への進学も可能なことを考えると男子に比べると女子の方が私立中学進学への選択肢が多いこと